twilight saga:forever*コンプリート(前回出たコンプリboxにはない特典映像2枚有) DVDbox・Blu-rayBox12/20発売


by aicoa

タグ:twilight saga ( 102 ) タグの人気記事

2013to2014

あけまして。。。いや寒中お見舞い申し上げまする(笑)
気がついたら半年たって年越していました・・・( ̄‥ ̄)ヾ
何もなかったわけではないけれど、怒涛の下半期でのんびりだらだら文をうつ余裕もあらず。というか短いセンテンスでしかものを考えられなくなってる自分が最近少しこわい。
おみくじにも何も変化なく(久々に大元の神社さんにいったのだけど文句まで同じだった笑)小吉。。。
去年を大雑把に振り返ってみます…

【個人的2013年表】※ブログでとりあげたものと、仕入済のものはリンク付
d0053487_1725893.jpg

壱月◇デビッドボウイ新作
弐月◇トワイライト最終章劇場全国公開◇厄日(罹患した日に病院アドベンチャー、後しばらく寝込む)
参月◇スウェード新作

d0053487_1643333.jpg


四月◇エイプリルフールロックス事件◇コズモポリス全国公開
五月◇トワイライト最終章BOX◇冠婚葬祭◇YMニコ生
六月◇YMベストアルバムファン写真企画
d0053487_165399.jpg

七月◇emma地元ラジオ/YMアルバムリリース◇フランツ/アレックス&ボブプロモ来日企画◇ベラミ地元公開
八月◇フランツ新作リリース◇厄日(思わぬトラブルで怪我。弐月の時の不思議な因縁もあり)
九月◇パンドラ(YM)全国公開◇マニックス新作
d0053487_1664285.jpg

d0053487_1672821.jpg

十月◇スウェード来日ライブ◇コズモポリスDVD
十一月◇フランツ来日ライブ◇プライマル来日ライブ◇キラーズ来日ライブ
十二月◇パンドラDVDトワイライトコンプリートBOXlongpigsアンソロジーベスト(5月リリース作品)
d0053487_1774591.jpg


◆ライブには相変わらず縁遠い年でしたが、私にしては思った以上にいろいろ見たり聞いたりした年かもしれなかった( ̄‥ ̄)
四年間愉しんできたtwilightが完結してしまい、しばらく空白の日々かと思いきや、過去からの思わぬ招待状がやってきたり(なかなかシビアでもあったけれど、何かそういう区切りだったのでしょうね)
アルバムリリース多かったすね、私がこれだけかってるんだから(一昨年は多分一枚もかってなかったんじゃ笑)
個人的には新作の中ではフランツかな。。。スウェードやマニックスの作品もとてもよかったけれど、アルバム単位では一番聴いてるきがします。とてもかるいサクッ(笑)とした耳ざわりなのだけど、なんか残るのですよね。単純にNwなノリが好みなのかもしれないのだけど、軽く聴けるのに飽きがきません。
レビュー書いてないのが申し訳ないんですが、何かどれも長文をかます作品ではなかった気が(言外で表現されていることが多いというか)
あと年末に半年遅れで発見したロングピッグスのベスト盤二枚組(片方は未リリース集)!!!これが素晴らしく・・・未リリース集がメインなのは勿論なのですが、なんかちょっとリリース済のもリマスタされてる感じがしました。ファンならマストです。今になって、彼らの作品がまたリリースされるとは(堅実に地位を築いているハウリーさんのお陰?彼はマニックス作品でのフューチャリングも素晴らしかった)
今年はブラー武道館に始まり(行けないけど笑)、どんなリリースや来日があるかな・・・取りあえず個人的にマニックスの新作と(5月?)マンドゥ(4月?)と、来月出る予定のテンプルズのデビューアルバム(久々に作品がほしくなった新人さんです)が楽しみであります( ̄∀ ̄)
[PR]
by aicoa | 2014-01-10 17:48 | MUSIC/アラカルト
d0053487_22122929.jpg
d0053487_22124035.jpg

今年はバレンタイン(笑)にDVD情報が解禁。5月に二度に渡って大放出の報。。。
ラストだからかなり戦々恐々としていたのですが(普段ですらあのバリエーションだったから)
思ったよりかはシンプルにまとめた感じがします(相変わらず一番お高いやつは1万越えだけど)
【詳細リンク】

まあ、詳細みるとかえって訳がわからなくなるのですが、今回の一番の特徴というか、今までと違う点は、前作BD1のextended edition、つまりは未公開映像が入った完全版DVD。トータルの長さは8分くらいのが付け足されたのが丸ごと一枚ついていることでしょうか。。。(10000セットの通常boxやスタンダードバージョンには付いていません)
まあ、ちょっとぼったな匂いがするけれど前作はかなりの未公開シーンがあることは明白で、それが前回のboxにも入らなかったということで、予想はしていたものだし、いつものようにバラバラで観るより作品としてはいいのではないかという考え方もあります(色々事情やビジネスも絡んではいそうだけど、コンドン監督の意向もあるのかもしれません)
今まで未公開シーンで、入れなくていいやと思ったものの方が少ない気がするのでやはりそっちの方が完成度は高いかもしれませぬ・・・まあ映画はテンポも大事なので観てみないとわからないですが。

あと、シリーズ全作コンプリートのboxもその二週後(BD2boxは5/2、それ以外は5/17)にリリースされます。これは予想はしていたけれど、これだけシンプルにオマケなしでくるとは思いませんでした(^^;
このご時勢だから馬鹿高いの出しても売れないという見込みだったのでしょうね・・・
私はとりあえずこっちのは保留。これが最後という保証もないし(向こうで何か出れば当然追随するでしょうし)
上記のboxを吟味して、とりあえずそれから考えつつ様子をみようと。とりあえずみんな持ってるので…初恋は三枚も。でもブルーレイは初恋とニュームーンはもっていないので、いつかの暁にはとは思ってるんだけれども、そんなことしてるあいだに何やらお蔵出しのとかでそうだな( ̄‥ ̄)
[PR]
by aicoa | 2013-02-15 22:45 | FILM




※(ネタバレは避けますが、念のためこれから初見の方はご遠慮ください)

d0053487_20475752.jpg


年末の慌しい中、公開されて年明け早二週目・・・
ある程度は覚悟はしていたが、年末年始の大作に挟まれて下から数えた方が早いシアターで公開となり(シリーズ最低記録・・・)、何とも微妙な気持ちで初日を迎えた訳だったのですが。
蓋を開けてみれば、年末年始の人出&休み中の学生さん効果なのか、これまでの地道に(笑)積みあがったシリーズファンが集結したのか、もちろん作品の良さからの評判が広がったのか(初恋は別格として、前作と今作はそれに続く内容だと思う)規模が小さいところとはいえ満員状態が続き、来週から(上映回数は一回減らされたが)シアターが格上げになるという小さな快挙を成し遂げた(多分さ来週は回数が二回に減らされるものの、一回はさらに大きなところで観れる様子)
まあ、世界では興行収入が年間順位の確実に上位になる作品なんだけれども。
そんな辺境の小さな奇跡(笑)の前置きはさておき。

d0053487_2051853.jpg



今回はただの感想でも、かなり難しい。毎回難しいが、今回は最終章(これから番外編が作られることがあってもこのキャストが皆揃う事はないだろう)であり、色々思うことはあっても。
それは今作の性質もかなりある。それを言ったらお終いよ・・・がほぼ中心の作品だから。ネタバレといってもこれぐらいわかってもいいという、範疇がよくわからない(笑)
DVDまで観ない人もいるだろうから、果たしてそれまで・・・とも思うけど絶対初回は知らないで観た方がいい。わかってて観るのとわかってて観ないのとでは全然見方が違ってくるから。わかってしまう人にはきっとそれだけor途中でわかってしまいそうだけれど。私は単純な人間でどうでもいい細かい事には目が行くが、木を見て森を見ないタイプだから見事にかたまった(前作のエドワードの様に笑)。原作を知ってる人は特に目が点になるところがある(知らないで観てる方は案外そんなもんかと観てしまいそうだし、あとから考えればそんな大仰なものでもない、でも作品に思い入れがある人ほどグワっとなるかも)原作と変わってるところがあるという中途半端な情報が、考えすぎて裏の裏になり表になってしまう自分には変な妄想を掻き立ててしまったのだった。
三回観てるがいまだに、今作を観るのにエネルギーを使う。この作品は歴代で一番エネルギーの消費カロリーが高い気がする・・・
(初恋を観る時の集中力の使い方とはまた違って、やはりあの前作part1の後半を観てる時のような疲れ方に近い)

d0053487_20494410.jpg



閑話休題。ところどころ、DVD出たら止めたいシーンがある。娘レネズミの部屋。日本のあのキャラクターがいたり(ぬいぐるみの他にも時計にも??)、あと忘れた(笑)けど色々・・・
そしてエドワードは今回シリーズ中一番リラックスして見えた。やはりベラが無事に変身を遂げた事が、それまでの罪悪感や緊張感を解き放ったという表現になるのか。今まで映画のエドワードは原作よりかなり真面目で苦悩が強く表現されていた気がする。本来はもう一声(?)茶目っ気があるキャラ・・・そこと真面目になるところのギャップの極が面白いが、映画でキャラを立てるには人物像として落ちつかないから、真面目な方にシフトさせていたのかなと。エドワード視点のネット公開のスピンアウト作品(未完成/未出版)、ミッドナイトサンの影響もあるのかもしれないけれど。
d0053487_20492597.png



d0053487_20504945.jpg


本題に戻って。結局のところ総体的な感想はどうなのか・・・最初にも書いたけど、とても良い。今までで一番ネットサイトの評価が良かったというのもわかる。第一作の初恋は多くのファンにとって特別な作品であるから、一般とまた違った視点になってしまうのだが、その初恋へのオマージュが鏤められている(特に最初と最後)。
人に拠るとは思うけれど、あの最初がなかったらシリーズが最後まで製作/公開されていたかどうかもわからない。欠点がなかったわけじゃないけれど、あのキャスティングがほぼ変わらず(ヴィクトリアだけ、本当に残念だった)に続いたことから言っても、あの初回設定が全てだった気がする。毎回監督が変わったことにより、最初あったセンスや美学が失われてしまったりもしたが。
一般的に観てもきっとすごく楽しめる作品だとも思う。とてもまっとうというのも変だけれど、こういう現実とはかけ離れた原作を映画化するのには、案外まっとうなまとめは難しいものなのだという気がする。
前作に続いてコンドンさんは、ファンから観ても一般から観ても評価ができる、変な癖のないかといってエッジもある作品で〆てくれたと思う。偏りのない、とてもフェアな視点でこの原作の本質とその支持される部分を、無理なく示してくれた。脚本家も兼任できる方だから、映画の流れの感覚の重要さをわかっているし、高名であるのに目線が高くない、温かい視点と原作とキャストに理解ある監督さんが最後だったのは本当に良かった。

d0053487_20481486.jpg


あと何週だろうか・・・その後DVDが出るとしても、映画のジャストな生命の感覚というのは劇場公開時期でしか感じられないものだという気がする。


d0053487_20501530.png




d0053487_2049349.jpg




d0053487_20474353.jpg

[PR]
by aicoa | 2013-01-09 22:54 | FILM
d0053487_2233261.jpg
本国公開から遅れること、約1ヵ月と10日。やっとこの日が近づいて参りました・・・
地元のロビーにもこんな展示が置かれたり。
でも実際公開日のシアターを確認してみると、平日(金曜とはいえ仕事納めの日…ほんと何とかならなかったのか;;)ということもあるのか、下から数えた方が早い規模のところで、ちょいとトーンダウン・・・まあ予想はしていましたが( ̄‥ ̄) 大作に挟まれているので土日祝日でも大きな部屋にいけるのか微妙な情勢。タカの眼のようにサイトをチェックして、そのチャンスを逃さない努力をしなければ。そりゃ大きなところで観たいスケールの作品でしょうね。向こうじゃ普通に大作ですからね・・・
ああ。最後なのに・・・とちょっとたそがれつつも、気を取り直して満を持した公開の暁を今はカウントダウンしていく所存であります。
公式の情報によると、劇場で初日~と1/12~特製カードの配布があるようです。(しかし。snsやトレイラー等公式関係ページにはネタバレ地雷(笑)が散りばめられてるようなので、知りたくない方は事前に積極的にみない方が無難なようです)


d0053487_22332672.jpg
さて、これは向こうでもう出ている作品のスコアアルバム。スコアとは、映画のBGMです。"サントラ"はバンド/アーティストのそれぞれ持ち曲ですが、これは専門の作曲家さんが主に(映画によるだろうけどクラシック系統がほとんどではないかな)場面に合わせて作曲しているもの。トワイライトシリーズはほとんどカーターバーウエル氏(ロードオブザリングなど、大作のものを沢山している有名な方)で、今回ももちろん全編そうです。
私は毎回欲しいと思いつつ、買い損ねてきましたが今回はフライングで手に入れました。何故かというと、とある曲が入っているから。ネタバレ扱いかもなのでタイトルは伏せますが("スコア"の曲及びタイトルは恐らく壮大なるネタバレの宝庫です、知りたくない方は観てからお探し下さい…私は観てから聴くつもりだし、なるべくこの曲タイトル以外は目に入れない努力をしました笑 これは原作を読んでいれば誰でも知ってる曲。しかし今回原作とは最後の方展開が違うようです)ベラのララバイのようにエドワードがとある人物に捧げた曲です。
本来ならこれはサントラの方に入ってるべきものだと思うのですが(毎回ほぼベ゙ラのララバイ等彼のが一曲は入ってますからね・・・。それならこっちも入れてほしかった)
この中に入ってるのは多分バーウエルさんか、専門の方が演奏してると思うのですが劇中ではエドワードが演奏してるところに使われるはずです(ロブは演奏ができるので生音でやって欲しかったですが…初恋は彼が気の向くまま笑?即興演奏してるところがボーナスDVDに収録されています)。


d0053487_22332659.jpg
そしてこれは各所でもう売り切れたと話題の(笑)、前売券つきDVD。初恋はジャケがエド仕様になってます・・・エドファンに買わせようという魂胆がみえみえですが、券の絵柄もよかったので(付属のキャラカードは少し安っぽく、ベラが入ってなくてガッカリでしたが)コレクターズアイテムということで・・・
d0053487_22332640.jpg
中はこんな感じ。左のは券です。よく見ると、ディスク自体も前のとは絵柄が同じながら、印刷の感じが違いますね。。。私はboxのしか持ってなかったのですが、前のはこんな感じでした。(今回のは白っぽく不透明で、前のは半透明な感じ)
d0053487_21285561.jpg



東京では公開前日向こうにならって全作上映(12時間!)のトワイライトマラソンが決定・・・
地方でもやって欲しかったな、それが駄目でもせめて過去作それぞれ限定公開とか。最後にもう一度初恋がスクリーンで観たかった・・・・((o( ̄‥ ̄)o))
d0053487_22332610.jpg

[PR]
by aicoa | 2012-12-20 22:20 | FILM
d0053487_19164123.jpg

これは第二弾(先週末から販売、第一弾は先月から発売中)前売券のおまけ( ̄^ ̄)ゝ
写真だとそんなに大きく見えませんが、相当どっこいなデカさのポストカードと楯です(飾る場所に苦労しそう笑 サイトでは白にみえるけど楯は光沢のある銀)
かさばるけど正直第一弾よりいいです(売店の方の御墨つき笑☆第一弾はまだ未購入・・・まだ考え中。DVD付属のバージョンは初恋ののみ予定。決め手はあのパッケージしかないでしょう笑)
長い間放置しておりましたが、あと2ヵ月という昨今、さすがにそろそろ話題を(自爆)というところで・・・

先月主演女優(ベラ役)のクリステンが緊急来日(結構急転直下で、私は現地に行けるわけもなかった)
しかし、時代は進んでいてそこはニコ生中継が・・素敵でした、クリステン( ̄∀ ̄)♪


正直決まった直後は色々不安がよぎったりもしたのですが(日本はトワイライト後進国・・・)
クリステン神社参拝+カーペット~映画上映イベント(クリステンへのQ&Aのちpart1上映と、2のスペシャル映像)とつつがなく進行し、彼女も特上のスマイルを振りまいて、どうやら日本を満喫して離日した模様。。。
朝のワイドショー(スッ〇リ笑)にまで生出演するという破格の(もちろん、トワイライトのキャストが生番組出演したのは初めて。ロブがnewmoonで来たときも後日イベントが編集されて放送とか、ちょこっとバラエティに取り上げられたくらいですから)扱いにファンも驚いたくらいでありました・・・


嬉しくもこういうものをもっと今までやってくれてれば・・・という思いを抱きつつ、今回はとにかくキャストの一人がこうやってプレミア(公開は本国より1ヵ月半も後でまだ2ヵ月もあるんですがね、それもちょっと不満)イベントまで参加して頂けたことを素直に喜びたいのであります。不遇の日々でしたからね・・・

クリステンも夏あたりから色々あって、その辺の事も少し心配ではありましたが(私は元々ゴシップ嫌いだけどほとんどあの話は信じておりません・・・ハリウッドは伏魔殿) それを吹き飛ばすかのような爽やかなオーラを日本で振りまいて、
それをネット越しながらも確認できて、ああ良かった(参加できなかったのは残念だったけれど)と
来月のシリーズ最後の(それを思うと哀しさと気合が入り混じりますが)豪華ワールドプレミアがさらに楽しみになっている今日この頃( ̄‥ ̄)g

来月からはさらにトワイター怒涛の日々が始まります(ブルーベリー食べなきゃ笑)

d0053487_20494149.jpg

[PR]
by aicoa | 2012-10-29 19:16 | FILM
d0053487_22482776.jpg

早々とブレイキングドーンパート2(最終章)の日本公開日が12月28日と公式ページとともに発表に。(トレイラーもあり)
この段階で発表してくれたのは嬉しいんだけど、年末・・・しかも金曜の御用納めって( ̄‥ ̄)
この日にいけるのは、自由度の高い人々に限られますな(苦笑)
案の定、トワイター界隈の間では不評のもよう。試験のない学生さんぐらいかなあ、喜んでるのは・・・
最後の悲願、キャスト来日も怪しい雲行き(向こうもホリデーよね、よほど前に呼ばないかぎりは)
ショックじゃないといったら嘘になるけれど、何が起こるかわからない世の中、気長に見守るしかありませんな( ̄‥ ̄)
[PR]
by aicoa | 2012-04-20 23:01 | FILM

dvd発売決定!!!

d0053487_2252449.jpg

breaking dawn#1DVDBOX7/2(スタンダードは7/7)発売決定( ̄∧ ̄)ゝ
上のサンプル画は前回もあったamazon限定の千組限定のBOX。今回おまけがさらに多彩(笑)なので、選択に悩んだりしますが、とりあえず愉しみすな…
[PR]
by aicoa | 2012-04-09 22:52 | FILM

観納め

d0053487_4195446.jpg

今月いっぱいで、breaking dawn part1の公開も終わる所が多数な模様(もっと早くに終わってしまったり、これから!という地方もあるようですが;)
うちの地域も例にもれず、日付かわって今日まで。私は日付がかわるまえに観納めしてきた。
割引DAYのせいもあるとは思うけど、レイトで小さいシアターながら最後の週まで満杯というのは地味に報われたような嬉しい気分になったりな単純な私。。。1と2に分かれたおかげで徐々に伸びていた動員も頭打ちみたいにいわれていたが、うちの地方はじわじわとファン層が広がってる感じも。実は、先週までの予定がギリギリになって一週延びたりもしてたわけで、大ブレイクは最後まで(さすがに次回がさいごですので)はできなさそうにしろ、それなりに(色々宣伝や公開の仕方に疑問はあれど)健闘していると私は感じているのであります。ちなみに期間は前回のエクリプスとほぼ同期間だった(一週長いかも)
今回は9鑑賞。あと一回観てれば二桁だったけれど、まあこれが下層の庶民の限界ですな( ̄‥ ̄)
前回までは数はどうだかもう遠い記憶の彼方だけれど、しばしまたエドベラともおわかれ・・・
あとはもう(地方で上映イベントでもない限り)この作品はシアターで観れる事はないわけで(首都圏の皆さんはまたイベントが開催されればみれる可能性あり)。それを考えるとちょっと寂しいけれど、毎回恒例のDVDBOXとおまけの映像たちのお楽しみが今度はある。おそらくウエディングシーズンな6~7月あたりとみてるが果たして・・・
(このあとネタバレ話、part2トレイラーも!)

ここからネタバレ話(トリビア未満?)
[PR]
by aicoa | 2012-03-30 05:21 | FILM
d0053487_20151644.jpg

とうとう、先週土曜日に公開されたトワイライトサーガ最終章ブレーキングドーンの前編。
個人的に、向こうでの公開から四ヶ月も待たされた事もあり、観るまでに疲れた感(笑)があったのだけれどその分心の準備を持って(余計な情報は入れない努力はしたけれど、ある程度はやはり仕方なかったが)観ることができた気がする。

今日までに既に三回観たのだけれど、一貫した感想としては「トータル/ディテール美」が今までの同シリーズの作品群の中では際立っているような気がする。

もはや伝説の感(笑)がある1作目の初恋は「詩的浪漫美」(とにかく理屈抜きでムードで圧倒)で、2作目のニュームーンは「静止画像の美」(良くも悪くも)、3作目のエクリプスは「動きと構築美」(これもいい部分と悪い部分があった)という勝手な認識をもっているのだけど、今回は実に人間(動物、ばけもの笑諸々含めた)の感情描写が丁寧なのと、ハッピーで華やかな前半とホラーチックでサスペンスな雰囲気も漂う後半の対比、諸々がちゃんとお互いを打ち消し合うことなく成り立っていた。
やはり話の内容からなのか主役三人以外の描き方が浅かったような気もするが、それは逆に三人に的を絞って描写したとも言えるのかもしれない。

d0053487_2112286.jpg


このシリーズは作品ごとに監督を変えてきた(キャストは一部のみ変更あり)
その作品にあった監督を選べるというメリットはあるが、シリーズトータルで観た時に何処か整合感に欠けるのがデメリット。でも、さすが今回のビルコンドン監督は経験も豊富(こちらではそんなにメジャーではないけれどグラミー賞監督〔ドリームガールズ〕でもある)で、やはり視野が広くて作品をトータルでみせる視点が高い監督さんかなと思った。一応彼の過去での代表作である「愛についてのキンゼイレポート」も去年みていたのだけど、やはりあそこでの人間の描き方の細やかさがこの作品にも出ていると感じた。
何でもない目線の投げ方や、ミリ単位の表情の違い。沈黙の中にある激しさ。台詞以外の演技がどんなに重要かということがよくわかった。映画というものは、俳優の演技と監督の演出のトータル作品だと思う(勿論、色々なスタッフや脚本家などたくさんの人が絡むものだけれど)
結局、俳優の一番の演技を引き出したり、話し合いでよりよく最初のイメージからランクアップさせたり、まさしく作品の方向性を示すのが監督の仕事であり、今回その存在を自分の色とかアクの強い個性とかではなく、トータルのバランスの自然さから感じさせてくれたのはさすがだなと思ったりした。
個人的には、1作目の初恋は特別でどんな名監督でもあれを超えることはない(ただの監督の力量の問題だけではない、あれは全ての要素でみんなの想いが結集したマジックだったのだと思う)が、それはおいておいても、このシリーズ初の前編後編作品が彼の視野の広い押し付けの少ない演出で観れるのは幸運な気がする。BDは、人間ドラマが一番ある章でもあるので、偏った演出は作品の本質まで変えてしまいかねないのだ。

d0053487_20563672.jpg


そして今回はさらにジェイコブからの視点が出やすい章でもある。実際原作には、彼の視点で描かれたチャプターがBDの中にあるのだから。でも、やはり変わらず脚本はエドワードの描き方が弱いが、今回は大分監督の修正が入っていた感がある。そもそもこの章は、原作自体がそうだったのだからそっちよりになるのは然るべきなのだが、監督はエドワードのキャラクターを理解してかなり彼の心情描写をいれていた。その点でははちょっと救われた(もちろん、エドワードの暗部もきちんと描きつつも)
ロブも頑張っていた。しかしいつも以上に微妙に変わる髪形にちょっと落ち着かなかったが(笑)
でも、やはり今回は今までとは違った意味でジェイコブと狼族の存在感は大きかった。それは素直に良いと思えた。

d0053487_21564241.jpg

d0053487_21462798.jpg


そしてまた今回も家族/部族間の軋轢と和解がクローズアップされている。それは、初恋のころからあったテーマだけれど、シリーズを追うごとに強くなっていく。BDはその総仕上げの章でもある。そのドラマを盛り上げるために多少後半原作とは違う展開がある。映画としてはこっちの方が確かによかったかなとは思う。少なくとも意義を感じなかったニュームーンの後半の変更よりは・・・

d0053487_2201839.jpg


あと注目点は音楽の使い方。地味ながらやはり上手いかも(ドリームガールズ笑)
選曲もあるが、やはり「かけ方」だと思う。音量とかはかなり気を使っているし、フェイドアウトの仕方とかどっかのようにはブツ切りにはしていない。音楽はあくまでも小道具で、映像を邪魔してはいけないのだよね・・・音楽ビデオではなく映画作品なのだから。名がしれてない人の曲でも、場面にあった曲のセレクトができていると思った。


私が一番サントラで好きだった曲。使われた場所は意外な気もしたけどちょっと嬉しかった…

今の時点の総体的な感想としては、かなり今回は作品としてのレベルは高いと思っている。派手さやケレン味はないけれど、私的にはかなり好みの部類。原作の要所はちゃんと押さえているし、少なくとも話のまとめ方や演出は前二作を超えていると思う(まだ前編のみだから確かな事はいえないけれど)
前半と後半のギャップが好みの分かれるところだと思うが、私はその対比がこの作品の一番の個性だと思う。ちなみに、私はタイトな厳しさ満載ながらも感動の後半が好きだ。もちろん、甘く華やかな前半があってこそのものだけど。

今まで見てきた方はもちろん、見たことなくて興味のあるかたは多少前作までをリサーチして、早いうちにぜひ。3/3から配られるカードは、ちょっと個人的に一週目のより楽しみ(笑)

d0053487_22284593.jpg

[PR]
by aicoa | 2012-02-29 22:37 | FILM

いろいろ決定。

もう、この1週のあいだにいろんな国内情報が(゜■゜ノ)ノ

まず、とりあえず(笑)ブレイキンクドーンパートⅡ(来年2月のパートⅠの続編、今のところ完結)が来年12月に正式に公開予定が決まったそうで。
Ⅰをやった時点でもうⅡはやるでしょうとは思ったが、いろんな事がある昨今とりあえずよかったなニュース(^^; あとなんと言っても、またうんヵ月の我慢か。。。と心配してたところ、まあ誤差範囲内(向こうではきっかり一年後の11/16、トワイライター的にはその一ヵ月が長いんだけど)ということでこれまた、とりあえずよかった。

そして恒例のおまけ付前売券第一弾は今週末(12日~)発売( ̄^ ̄)/
今回はポストカード4枚組(今までの4作品分のが入っているようです)
第二弾は12月でフィルムセット(多分DVDBOXについてくるあれのセット?)
まあとりあえず、最寄の劇場に行って参ります(笑)

あと本。向こうでは結構まえに発売されていたメイヤーさん著作の作品全体ガイド、オフィシャルガイドブックの国内版が出るようです☆
これは結構うれしいな。なかなか分厚くて読み応えがあるのでぜひ。。。
[PR]
by aicoa | 2011-11-09 22:49 | FILM