twilight saga:forever*コンプリート(前回出たコンプリboxにはない特典映像2枚有) DVDbox・Blu-rayBox12/20発売


by aicoa

CROSS BEAT 20周年記念号にティム登場。

d0053487_2231539.jpgクロスビートが20周年(08/7月号)だそうで、いつもに増してアーティストコメントが目白押しであります。もはや音楽誌というより、音楽人間バラエティ誌(?)かのように、一問一答式コメントが毎回載っていますが、そのロングバージョンともいえる1コーナーにASHのティムが登場してます。1ページ丸ごとティムに徹子の部屋状態で、ゆる~くインタビューです(笑)。私はティムが最近ヴェジタリアンだって知らなかったので、ちょっと驚いたけどエイジレスにはやはりヴェジが欠かせない(例:クリスピアン王子)のね。。。と妙に納得。一生王子でいるには、肉はご法度ってことか(でもさすがに一生王子はキツいかな笑)。この間のイベントで、好きな物きつねうどんと言ってた謎が解けました。しかし、もう食べれない手羽(名古屋の)をフェイバリットフードに挙げるとこが、またティムらしい(笑)。

d0053487_223372.jpgはて、そんなクロスビート誌でありますが、私は偶然先月ブックオフでこの古いクロスビートを発見し購入してました。なぜかって、それは表紙にかのジュリアン・コープの名があったから(笑)。結構彼の載った音楽誌は過去に集めていたのですが、このクロスビートは持ってなかった。そんで、20周年と聞いておや?って感じで取り出してみたら、これまた驚き。創刊号じゃないものの、創刊された'88年のものでした!!これは偶然なのか、必然なのか。・・・しかし、懐かしい名前がたくさんありますねぇ。なかなか面白かったので、どっかで見つけたらぜひご覧になってみてください。記事の形式とかが違ったり、歴史を感じます。やっぱり、もとよりカルチャー寄りなのはこの頃からみたいでしたが。今でもいる人、もうさっぱり名前を聞かない人、最初から知らなかった人。。。webは更新され続け跡形もない事がほとんどだけど、雑誌は残る。それが、やっぱりメディアとしては意味があるなぁとぼんやり考えました。
そして私は、ちょっと音楽同人誌チックなこの頃の音楽誌(ロッキンオンも)の方が好きです。今のは、ちょっとアーティスト数載せすぎなんじゃないかなぁ。もっと、個々のアーティストに絞って突っ込んだ内容が読みたい。。。時代が違うから(アーティストの質も違うし)しょうがない部分はありますが。情報関係はwebにまかしといて、もっといい意味での音楽文化的読み物にした方が理にかなってると最近思うのでありました。せっかく、残るんだからねぇ。
[PR]
by aicoa | 2008-05-23 23:05 | MUSIC/アラカルト