twilight saga:forever*コンプリート(前回出たコンプリboxにはない特典映像2枚有) DVDbox・Blu-rayBox12/20発売


by aicoa

FRED ASTAIRE

d0053487_21233474.jpg先日、BS2で映画「パリの恋人」(洋題:FUNNY FACE)をやってました。あのオードリー・ヘップバーンの主演作で、私は今まで観た事がなかったので気まぐれにチェックしたのですが、あのフレッド・アステアが相手役だったので思わず目が皿のようになりました(笑)。
フレッド・アステアは知る人ぞ知るダンスの名手/俳優であり、昔のミュージカル映画に欠かせない人でした。ハンサムじゃないしとても小さくて華奢な体なのだけど、雲の上を歩くような軽やかなステップを踏み、エレガントかつアクロバティックなダンスもこなす、魔法使いみたいな人なのです。歌もすごく上手いというわけではないけど、じんわり温かいいい歌を歌う私の中では、永遠のハリウッドミュージカルスターです!...とはいいつつも、あまりに多くの映画に出ているため(69歳まで現役で踊ってました!)私もさすがに一部の作品しか見れていないわけなのですが…でもそれでも強引に彼をちょっぴり語らせて頂きます☆
d0053487_21404714.jpg私が彼に出会ったのは15年くらい前、当時リバイバルで展覧会とともに映画館で見た「風と共に去りぬ」にすっかり感激し、クラーク・ゲーブルの映画を見たくなってレンタル店でビデオを借りまくっていたら、ふと「ザッツエンターティンメント」(クラークの在籍したMGM社のミュージカル映画の集大成オムニバス)が目に止まって、これにもちょっと出てるから見てみるか…と借りた中に彼の優美なダンスがたくさんつまっていたのです。それまでミュージカルものに関心がなかったんですが、特にアステアとジュディ・ガーランドの素晴らしさに目を見張りました。それからタイミング良くBSで「フィニアンの虹」(彼が最後に主演した映画。ファンタジックで温かな彼らしい作品です)を放送したり、その頃は私の中でプチハリウッドブームが起きていました(笑)。

d0053487_2225638.jpgで、すっかりパリの休日の話が中断してしまいましたが、これがまさに私が見損ねていた珠玉の一作だったんだと本当に感じるくらい、素敵な映画でした。50年前の映画とはとても思えないくらい、オシャレで小粋でこの時代の良さがつまっています。あのオードリーがあんなに踊ってる(きっと練習したんだろうなぁ。。。初々しい感じでした)のも初めて見たし、かなり私はヴィヴィアン・リー派(!?)だったんですが、オードリーって綺麗だなって改めて思いました。あと、アステアはやっぱりフランスだとさらにあのエレガントさと粋な感じが際立つなぁと感動でした。話自体はシンプルですが独特のユーモアを纏った名作です。終わった後こんなにパステルカラー調(笑)の気分になれる映画もそうないと思います。
今の時代絶対不可能なファンタジーを体現していたフレッド・アステアの、あの優美なダンスと演技。もう彼はこの世にはいませんが(87年没)、彼の映画を見るたびにあの時代の懐かしい温かな空気を感じる事ができます。
d0053487_22261759.jpg
FRED ASTAIRE Films
[PR]
by aicoa | 2007-11-20 22:32 | FILM