twilight saga:forever*コンプリート(前回出たコンプリboxにはない特典映像2枚有) DVDbox・Blu-rayBox12/20発売


by aicoa

BRETT ANDERSON

d0053487_22125525.jpg
d0053487_22242163.jpg

d0053487_22132873.jpgジャケのごく素の姿のbrettが表すように、この作品もまた等身大の彼の姿が映し出されていているのだろうと思って聴いたら、まさしくその通りでした。
このbrettがどこまで素なのかは私には知る由もないけれど、歌から受ける印象はあまりにシンプルな上、言葉にも余計なロマンティシズムや、装飾は感じられませんでした。でもその割には、今までのSUEDEやTEARSの作品とかけ離れているとも感じませんでした。もし本当に彼が全く素の気持ちや言葉でこの作品を作ったというなら、brettという人は元々とても詩的な生活をしているのかもしれないと思いました。
彼が今までよく用いていた架空の人物を創造(?)して、歌の世界を作り上げていたような手法はほとんど感じられなくても、理性的に自分の感情を分析して曲を書いているとしても、結局元々凄く"情"で生きている人なんじゃないかと。じゃなかったら、「LoveIsDead」のような歌は作らないでしょう。私が彼の歌に昔から感じてきた感情のうねりの様なものは、彼の本質にあるもので、それが私が彼の歌を聴き続ける理由なんだと改めて感じました。
反面、自分の感情に翻弄されていたら、"感情"はこんなにくっきり歌えないはずなので、理性と感情のバランスがbrettはとてもとれていて、自分の感情を客観的に見れるのだと思います。そしてもちろん感情が豊かじゃないと歌の世界は狭くなるし、人に共感される歌など作れないのでこういうシンプルな音や言葉で、それができる彼はやはり素晴らしいアーティストだなと思います。
前から彼の歌は好きだったけれど、それが前述した架空の人物からでてくるものなのか、彼の本質からなのかよくわからなくて、時々シリアスに受け取っていいのか混乱することもあったのですが、それが紛れも無い彼自身からの表現だったという事がわかって嬉しかったです。
d0053487_22472571.jpg

蛇足ですが、裏&中ジャケに噂のbrett家の黒美猫が写っていて、カワイイ!やっぱうちの三年寝太郎猫(最近寝てばっかり…)とは品格が違うなぁ(笑)。

(追加up)
My Favourite Track
LOVE IS DEAD
INTIMACY
TO THE WINTER
♪THE INFINITE KISS
CLOWNS
[PR]
by aicoa | 2007-03-26 22:51 | ARTIST'90s